岡田崇司 YTM Final Edition もうYouTubeでは稼げない?

岡田崇司 YouTube
岡田崇司

はじめに

小学生男子のなりたい職業の1位だった「ユーチューバー」が2位になりました。

動画は稼ぎやすいと、動画投稿ビジネスが一気にさかんになりましたが、今では撤退した方も多いようですね。

本日は岡田崇司(バナナデスク) 「YTM Final Edition」をレビューしたいと思います。

YouTube教材として大人気だった前作「YTM∞(無限)」(2107年発売)から、アップデートに合わせてリニューアルしているようですが、今でも再現性はあるのでしょうか?

岡田崇司(バナナデスク) 「YTM Final Edition」特定商取引法に基づく表記

販売社名 株式会社 move
運営統括責任者 岡田 崇司
所在地 〒589-0011 大阪府大阪狭山市半田 1-6-14
電話番号 050-4560-2357
メールアドレス fe-support@ytm-mugen.info
販売URL https://ytm-mugen.info/fe-letter/

出典元:https://ytm-mugen.info/fe-letter/tokutei.html

岡田崇司 (バナナデスク) 「YTM Final Edition」の内容

YouTubeは2010年代の前半は簡単に稼げた頃もあったようですが、

  • 過去12ヶ月の視聴時間が4,000時間以上
  • チャンネル登録者が1,000人以上

という収益化に条件が付いたことや、参加者が増えたり、広告料金単価が下がったりと、

最近ではYouTubeでは稼げないと言う声をよく耳にします。

今回の「YTM Final Edition」は、YouTubeで報酬条件が付いた後でも稼げるように教材がアップデートしています。

また、4Gから5Gになる事で、今後ますます動画の投稿件数は増え、動画自体はまだまだすたる分野ではありません。

昔は、他人の動画のコピーでも稼げた事がありましたが、今では著作権に厳しく、

外での撮影で、バックに音楽がちょっと流れているだけで、YouTube側から広告停止をうらう事さえあるようです。

そんな今の状況なので、「YTM Final Edition」はオリジナル動画作成に舵を切っているようです。

とは言え、有名ユーチューバーのように顔出ししたり、自分のキャラクターを前面に押し出す必要もありません。

内容は、

準備編

序章マインド

  1. YouTubeの規約
  2. 動画の種類いろいろ
  3. YouTubeマーケティング
  4. YouTubeSEO
  5. YouTube実践編
  6. その他

動画作成と編集

特典として、

YouTube物販マーケティング

YouTube×情報発信

動画の外注化について

Benner Creator Plus 一カ月無料使用権

30日間無制限のメールサポート
がついています。

返金サポートもあり、

購入から180日間の間に60動画をYoutubeにアップし、購入代金以上稼げなかったら、返金も受けられるようです。

岡田崇司 「YTM Final Edition」は稼げるのか?

では、初心者が「YTM Final Edition」で稼げるか?ですが、

全く稼げない事はないと思いますが、かなり難しいのが現実のようです。

「コピペ」動画や、文字スクロール動画では今は稼げません。顔出しも、声出しも必要ないと言っていますが、基本声は出さないと収益化審査には通らないようです。

ですから、セールスレターでの顔だし、声出し不要と言うのは事実と違うという事になります。

収益化条件についてはクリアするノウハウがあるようですが、YouTubeの広告収入は単価がとても低いです。

月に100万回再生されても月の収益は1万~2万円ほどです。

初心者が参入して100万回再生される動画を作る事は可能でしょうか?

動画は投稿してみるまで分からないといいます。再生されると思う力を入れた動画が全く再生されず、その逆でこの動画が?といった動画がバズる事もあります。

なので、動画は投稿してみないと分からない一面があるようです。

「YTM∞」の時は、YouTubeの規定も今より緩く、参入したら稼げる人が大勢いたのは事実かもしれません。

ですが、今、そのイメージで参入しても相当難しい事は覚悟した方が良いようです。

返金保証も、180日以内に、60動画を毎日1本投稿しないといけないようです。

逆に考えると、1日1本は動画を投稿しなければ、収益は見えてこないという事でしょう。

ラーメン屋さんも、カレー屋さんも、これから店を開店して人気店になる可能性はあります。

動画投稿も、これから参入して稼ぐようになる人も常に登場していくとは思います。

ですが、ビジネスとしてYouTubeに参入するなら、相当の覚悟をもってコツコツと投稿をしないと挫折する可能性が高いでしょう。

まとめ

岡田崇司(バナナデスク) 「YTM Final Edition」は、

YouTubeへの動画投稿で、広告収入を得るビジネスのノウハウとなります。

収益化条件や、文字スクロールでの収益化が出来なくなった部分に対してのマニュアルのアップデートはしてあるようです。

また、YouTubeを一から全体を学ぶには良い教材です。(内容は無料で手に入るものも多いので金額は高いですが)

ですが、これからYouTubeの広告収入で稼ぐのはかなり難しいと思います。

動画が再生されれば広告はクリックされなくとも報酬が発生しますが、その単価は1回再生ごとに、

だいたい0.01~0.02円との事です。

クリック単価が低い上に、規約や規定、著作権がかなり厳しく、きちんと勉強していないと広告停止をすぐくらってしまいます。

規約違反をおかしてしまいアカウント停止の危険もあります。

セールスレターの教材の内容でもちゃんと触れてありますが、動画の作成、投稿だけでなく、

規定や規約など学ぶ事が多くあります。

サポートは30日間なので、初心者は稼げないままサポート期限が過ぎてしまうでしょう。

絶賛している方も多いですが、アフィリエイト報酬がかなり高い事も一因のようです。

全く初心者で参入しようと思う方は、本当に毎日コツコツ投稿が続けられるのか、今ではYouTubeの始め方や収益化の方法など、

いくらでも無料で情報を得る事が出来ますので、まず自分でやってみてからでも遅くないでしょう。

逆に、動画をつかって、自分のブログやサイトなどへの誘導など、動画を活用していくのは良いと思います。

前回の「YTM∞」の実践者は撤退されている方も多いです。

あえて、おすすめ出来ない商材となります。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

免責事項

当サイトの内容は、正しい情報をお知らせ出来るよう尽力しておりますが、内容が古くなったり、使用が変更されたりする場合もございます。当サイト及び、当サイトに貼られたリンク先の情報によって生じた損害について当サイトは一切責任を負いかねますので、当サイトの情報は利用者ご自身の責任においてご利用下さい。

タイトルとURLをコピーしました